光メタルセンターは、昭和30年設立の中國工業の事業を受け継ぎ、メタル(金属)の加工に係わり続けたいと考えております。

昭和31年より開始しましたメタル加工事業は普通鋼から始まり、昭和42年ステンレス薄板に、昭和62年ステンレス箔に、平成4年ステンレス薄板へと、高級金属への加工品種拡大を図ってまいりました。

また、ブレーキ(ベンダー)、プレス、ターレットパンチ、溶接機を装備し、まさに、コイル素材から、そのスリット、レベリング、シャー、そして製品製作まで一貫で行える数少ない「メタルものづくり一貫メーカー」としての地位を固めてまいりました。

現在、その先の応用商品開発まで事業を拡大しており、今後も日本のものづくりをけん引していく所存です。